塗装をする意味

なぜ外壁を塗装するのか

夢と希望の詰まったマイホームを持ってから十年余り、そろそろリフォーム業者のチラシが目につくように なってきたところ。 正直言って、何故外壁塗装が必要になるのか理解できない人も多いと思います。 そもそも外壁は、モルタルやサイディング等で作られており、工場で塗装処理してあるものもあれば 新築工事の際に、直接塗装する場合もあります。 この外壁塗装する行為は、外壁を水と紫外線から守るのです。 外壁の素材であるモルタルやサイディングは水にも日光にも弱く、放置すればいずれ壁内に浸水して モルタルにひびが入ったり、サイディングが腐ったり、最悪な場合は室内との間にある 柱なども腐食したり、カビたりします。 見えないところがカビだらけなのは怖いことだと思います。 そうなってからでは手遅れなので、外壁塗装をするという発想になります。 よく、美観の為と聞かれますが実際は二の次です。 まずは家自身のメンテナンスとして考えるのが良いようです。 外壁塗装にはカビや腐蝕から家を守るという大事な役割があるのです。

外壁塗装のお得な情報

外壁塗装と言っても専門用語だらけで難しい事が沢山あると思います。 外壁塗装の見積もりをしてもらったらきちんと説明してもらう事をお勧めします。 塗装することによってのメリットは、やはり家の寿命が持つ事。 高い金額を出して購入したマイホーム、メンテナンス次第で寿命が違うのはご存知でしょうか。 外壁塗装のメリットは、こうしたメンテナンスによって住宅の寿命が格段に伸びる事です。 ライフスタイルの変化により将来的にリフォームを検討する事になっても、こうしたメンテナンスが 工事金額を減額させるマジックにつながる事も多いのです。 工事してみたら、柱が腐っていた、カビだらけだった、となれば当然その分のリフォームも 必要になってきます。 また、地域によってはリフォームに対する様々な助成が出ています。 お住まいの自治体に問い合わせてみると、お得な情報が得られるかもしれません。 更に2015年3月からは国土交通省による住宅エコポイントも導入され、国土交通省のラインに沿った 断熱改修などと同時に施工すると、その改修でついたエコポイントが他の工事にも 使える(国土交通省の規約をご覧ください)というお得な情報もあります。